レビュー・桑田佳祐「静かな春の戯れ ~Live in Blue Note Tokyo~」

1 0
Spread the love
Read Time:1 Minute, 13 Second

しかし、ファンの欲目や贔屓ではなくね、この方はもう無双状態じゃないか?

65歳ですよ、何だいあの声量とバイタリティーは…

それでいてドーム級のスターが圧縮されて狭い箱に入れば

無敵じゃんよ。。

好きよ、こういうライブ、お酒飲み同士じゃない。。

フォーク、ブルース、ジャズ、歌謡、あたしの得意とするところです。

カントリー調もあったかw

とにかく、今週いっぱいは見れるから見たほうがいいです!

詳しいレビューはしませんが下記よりレビュー♪

桑田佳祐「静かな春の戯れ ~Live in Blue Note Tokyo~」

  1. ソバカスのある少女 [ティン・パン・アレー]
  2. 孤独の太陽
  3. 若い広場
  4. DEAR MY FRIEND
  5. こんな僕で良かったら
  6. 愛のささくれ~Nobody loves me
  7. 簪 / かんざし
  8. SO WHAT?
  9. 東京ジプシー・ローズ
  10. グッバイ・ワルツ
  11. 月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)
  12. かもめ [浅川マキ]
  13. 灰色の瞳 [加藤登紀子 長谷川きよし]
  14. 東京
  15. SMILE ~晴れ渡る空のように~
  16. 明日へのマーチ
  17. 大河の一滴
  18. スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)
  19. 真夜中のダンディー
    アンコール
  20. IKO IKO [Dr.John]
  21. ヨシ子さん
  22. 君をのせて [沢田研二]
  23. 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
  24. 明日晴れるかな

M1、ラジオで生歌してましたよね。歌いたくってキー調べてならして

ライブでもやっちゃえ感、、80歳まで歌うと思うw ワクワクしてるもんねw

M2、2曲目でやる曲ではない終盤の大盛り上がり前の静けさポジションだよね。

高低差、ファルセット激しい歌なので難しい曲。

聴いてる途中で、誰かの風の跡も歌うんじゃ?というくらい調子のよさを感じた。

M3、CMソングに起用され個人的にも最近よく歌いますがいい曲よね。

M4、久々の演奏??この辺りでもしやポップ路線になるのでは?と思いがよぎる。

曲は好きなのでノリノリでしたが。

M5、ジャズ!ビッグバンドジャズ!!ソロでも上位に食い込む好きな曲!!

バナナでパパイヤ!あぁこういう路線よねと引き戻されたw

M6、カースケさんは電子ドラムなんだね!リストバンドは年期入ったいつものだけど

カースケさんの電子って星野源みたいで新鮮w

M7、初めのピアノ入りだと東京?と思ったけど、驚きはさほどなく簪!

不思議なもんです東京Em、簪Cmで違うのにどちらとも感じられる。

好きです、ロックも聞きたいけど、好きですw

M8、やるとしたらそうだよね!泥臭い、汗臭い感じ欲しいもんね!

好きな曲しかやってないぞ今のところ、、嫌いな曲ないかw

M9、RARのあのバンド編成思い出す、、角田さんいて深町さんいると

誠さんもいるし片山さんもいるし、ほぼほぼやんw

この曲とM8、若干桑田さん忘れてる箇所あったけどご愛敬w

M10、M9もそうですが大体イントロのリフって桑田さんが作ってる。

弾き語りでもそのままリフから出来るからキャッチーなんでしょうね。

泥臭く汗臭い時間に雨で臭うアスファルト臭さも出てきてジャズですw

M11、すっかりアスファルトも濡れきり気持ちも持ち直し首都高を走る深夜。

月明りがやけにまぶしい。。そういう流れで編成しているかのようでドラマですね。

役所広司さんが好きな曲のようです、サワコの朝より。。

M12、昔の彼女が浅川マキに興味持ち始めてて聴こうかというところで

別れてしまったので、その後どうか知りませんがw私も割とフォークでしたね。

思い起こせば桑田さん、去年頭からずっと浅川マキさんの話してましたね。

カルメンマキさんもそうですが、やや跳ねるような達観したような、、

諦めにも似たような曲の世界??当時は主流だったのでしょうか。

カルメンマキさんなら、きのう酒場で見た女が好きですが

この浅川マキさんの曲もいいですね♪

M13、タイガーさん大抜擢なデュエット♪なんだか久々に聞いたなw

血肉にある歌って日頃、あえて聞かないのよね。

心のレコードショップから掘り出された発掘感、気持ちいいですねw

M14、これは間違えなく東京だ!と入りのピアノで確信wそりゃそうだw

桑田さんのギターソロがさっきから色々遊んでるよねw

お酒飲んでるかのような雰囲気になれるのも、箱の雰囲気もあるのでしょう。

M15、やっと日の目を見ました。サザンファンでオリンピック断固反対の人は

聴かないで欲しい。どんな思いで作ったかしみじみ感じてしまって

泣けてくる。省略コードFを抑える桑田さんが可愛いw

M16、もうあれから10年ですか。。そういった事もあってソロでライブだったのかも。

10年前も不自由な生活、違うことで10年後も不自由な生活とは思いませんでした。

でも、明日へ明日へ進まなきゃいけないんですよね。。

M17、やる前に曲名行っちゃうんだw電子ドラムがさえわたるね~!

原曲とはドラミングかなり違うので、そういった再現性が求められてない

傾向であるライブというのも同時に感じられます。タイガーの一滴の

ラケルエピソード、覚えてる、今回は下手だったと言わないのねw

M18、十中八九!入りのピアノで曲名がバレるほど完成されたアレンジ!

座りでエレキの桑田さんって記憶にないな、、ラジオではたまに座りエレキなんだけど

この曲では思わず立ち上がりコールアンドレスポンス♪

M19、いつもよりも重厚なエレキのイントロ?ちょっと待ってよ桑田さんw

GET BACKのギターソロ弾いてるしwいや~緩いw最高!!

ちなみに、メンバー紹介時の桑田さんのプレイはMoneyね♪

M20、こんなポピュラーな曲をあえてカバーされると特別な曲にすら感じるw

なんで?だか訳も分からないまま…

M21、あぁそういうことかwこれはIKO IKOのリズムを引っ張るというか

強調されてないリズムを強調したバージョンですね。キーボードのリフに

ドラムとベースで同じリズムを合わせてIKO IKO的に、、高度なテクよw

M22、ちょいちょい!ジュリー!!この曲っていうのがまた予想だにしないw

序盤中盤でジュリーならストリッパーとかでもよかったかもw

こんなに自曲に混ぜてカバーもあるライブってないよね、今まで!

M23、1曲目でもない、アンコール1曲目でもない、悲しい気持ち、、新鮮!

やっぱり普段と違う音圧というか編成の良さを改めて感じますね。

M24、今回良い部分として、桑田さんのギターの音がよく聞こえるところで

この曲もアコギから入って、ちょっと疲れ?からかダフってミュートになってるような

部分まで聞こえて、これがいいのよ!生身な肌感♪欲を言えば

弦を通過する腕の風音も聞きたい。これは本当に聞けるもんなんですよ。

アコギのホールにピックアップがあると、その風音拾うんですよね。

感想

おいおい、全曲書いてんじゃんかw

まぁレビューというか、適当なつぶやきですけどねw

今までにないことしかやらない、、

桑田さんがそうなったのは2013年頃かしら。

今後どうなっていくのか益々分かりませんが、最高のライブでした。

これから定番化するのでは?というような編成、構成かもしれませんね♪

PVアクセスランキング にほんブログ村
Happy
Happy
100 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です