大超獣を超えてゆけ! ウルトラマンエース 全話解説・第二話

1 0
Spread the love
Read Time:1 Minute, 11 Second

一つの物語をそれとなくレビューするというのは、なかなか大変なことで

もう一度見返してみたりしないといけない大仕事である。

エースが好きなので苦ではないが、本日は第二話目をレビューする。

新品北米版Blu-ray!【ウルトラマンA:コンプリート・シリーズ】 Ultraman Ace: The Complete Series [Blu-ray]!

価格:5,889円
(2021/2/5 17:03時点)
感想(0件)

卵に食べられるキレンジャー

工事現場のシーンからスタート。

その場で作業する2人の男、トラック側と誘導する男。

誘導する側の男が土、地面から出る卵を発見する。

「なんでぇいこりゃ!」と蹴っ飛ばし、手で触ると卵に吸い込まれ

飲み込まれてしまう。。

それを目撃したトラック側の男はすぐに事態を把握し警察、TACを呼ぶ。

卵は土へ潜ってしまい、警察が捜索するも何も出てこず。

TAC(北斗、南)がパンサーで到着するもTAC管轄外であると警察。

警察はエースの物語を通して、常識では考えられない現象、アンビリバボーなことは

受け入れられず、一蹴してしまう怠慢ぶりなのか、職務全うなのか

現実的に地球に怪獣が現れたらどうなるんだろうと時折考えさせられる。

「君、2mの卵があると思うかね…TACの管轄外ですのでお引き取りください」

直感的なものか北斗と南は嫌な予感を感じた表情を浮かべる。

ちなみに飲み込まれた男はゴレンジャーのキレンジャーである。

すぐ歌うTAC

時は変わり、TAC基地内では南が通信係北斗が夜間パトロール

TAC基地のオシログラフに例の卵が上空を浮遊している事をキャッチし北斗へ伝える。

南の若干癖のある「TAC本部…」という無線の呼びかけも気になるが

無線が入ると北斗は「それより今日は僕たちの歓迎パーティーだろ?」

任務も上の空な言動をバッチリ隊長に聞かれていて怒られるw

金の卵の情報を伝えると北斗は発見し爆撃し任務完了。

隊長の「パーティー会場で待ってるぞ」粋な隊長よw

吉村のギター弾き語りで「TACの1週間」をみんなで歌うという

何かと歌うTACの初合唱シーンである、隊長いじりもしていて

隊長は冗談が通じ、階級や立場で見下したり嫌な環境ではないという

理想的な労働環境であることが伝わってくる。TACに入りたいw

すると基地内に警報が!!

北斗が爆撃したはずの卵が大型旅客機と衝突するという大惨事。

北斗は確かに爆撃したと言うも

パーティー会場に来たくてチャランポランで帰ってきたんだろ!と詰められる。

状況を見かね隊長は「北斗を責めるのはやめろ!」と。

隊長、南はオシログラフから卵である光点が消えるのを見ていたのである。

竜隊長以下、山中、美川、吉村、今野は出動

北斗に謹慎を伝え、南を監視役?として基地へ残す。

謹慎にもとっさに込めた隊長の愛があるのよね。

金銀マダラの卵、、旧アトランティス??

出動した隊員たちは直ぐに卵を発見し攻撃する。

攻撃を受けた卵は爆破や大破ではなく、瞬間移動的に消えてしまう。

攻撃を加えれば姿をくらます、北斗はこれに騙されたのか」、、と隊長。

TAC基地では北斗は悔しがり無断で飛び出してしまう。

猪突猛進な北斗は現場にパンサーで到着すると

銀の卵と金の卵ヤプールの手により融合しビルの屋上に陣取る。

北斗はより巨大になった卵へ砲弾を食らわす!そこへ隊員が駆け付け北斗を止める。

「自分のミスくらい自分でやらせてくれ!」と北斗。

そりゃ18歳の新人を責めたら、委縮するか遮二無二になってしまうよね。。

甘ったれたことを言うな!そんな武器でどうにもなるものではない!」と隊長。

猪突猛進は真の勇気ではない

基地へ戻ると、北斗は規律違反を隊長へ謝罪

北斗、猪突猛進は真の勇気ではない。謹慎したのはミスを取り返そうと

 君がきっと無茶をすると思ったからだ。親からもらった、たった一つの命だ

 大事にしろ」そうダンディに隊長は語ると

北斗は一気に気が楽になり成長していく。いい職場やんw

そこへ武器開発部の梶隊員が、古書臭そうな古書をw持ってきて、ある記述を発見したと。

「旧アトランティス大陸を沈めた超獣カメレキング」と英語とイラストの書かれた

所をみんなへ共有する。

いやいや、超獣とは書いてないのでは?と思うのだが・・・

ちょっとセリフは忘れてしまったが今野隊員も読み進め

「恐れること山のごとし」的な忘れたけどビビらせる部分を読み

前半から中期半ばまでの代名詞である「南無阿弥陀仏・・・」を初登場させる。

胸で十字を切り「南無阿弥陀仏」もあればシンプルもある、バリエーション豊かな

このセリフも山中の怒りを買うこともあり、見ものである。

なぜか、物語終盤の45話あたりからは言わなくなる。

山中は吉村へ指示を出しプロジェクターを設置すると卵内に

超獣がいることを映し出す、物凄いスピードで成長しているのだとか。

梶隊員開発の新兵器も登場し、卵のうちに焼いてしまう作戦へ移る。

未発達?まだもうちょっと卵の中にいたかった??

梶隊員新兵器で卵へ攻撃すると卵からカメレキングが登場する。

カメレキング に対する画像結果
古代超獣 カメレキング 身長60m 体重4万5千t 宇宙翼竜と古代カメレオンの融合

兎に角立派に生えた翼を仰ぐとなんでも飛んでってしまう凄い威力。

さぁどうする竜隊長!

「残された方法はただ一つ、ワンポイント攻撃だ」

竜隊長は隊員たちへそう伝えるとTACアロー移送を基地へ依頼。

必ず危険任務は隊長が役を買って出る。ついていきたい上司の鏡だね。

弱点である下へのワンポイント攻撃を敢行する竜隊長。

ミサイル発射をするも発射口が破損しており未遂に…機体も墜落寸前に!!

おい!整備係!どうなってんだ?もう大問題でしょ!!

も、もしかしてヤプールの策略かも??

バイクに乗った北斗と南のリングが光り2人は走り出す。

これが初の「ライダータッチ!!」である。

バイクごと上空へ上がるとエースへ変身する。まだハイレグである。

墜落しそうな竜隊長機を救ったエースは超獣へ突進していく。

戦闘はというと目っだったカメレキングの反撃もなく

羽をもがれ戦意喪失すると派手にメタリウム光線で爆破大破し絶命。

ちょっと成長不足未熟なまま出てきてしまったのか?あまり強さを出し切れなかった。

デザインもまあまあ良いだけに勿体ない。

負傷した竜隊長

負傷を負っていた竜隊長は入院先病院の近くの海岸にいる。

おいおい、ますます整備係大問題では??

そこへ駆けつけた北斗に隊長は

「あの時私を救ってくれたのはエースだといったな?さまよっている時の幻覚か

 救ってくれたのは北斗、君だったんだよ、、ありえない話だな。。」

あっぶねぇバレたら人間に戻れなくなるところだった。。

慌てて「ありえません!」と北斗w

そこへ他の隊員も駆けつけ美川隊員より隊長の好きなお花を贈られる。

「隊長がいないと寂しいです、早く戻ってきてください!」

「早く戻りたいのは私だよ」

なんていい職場なのか、理想の労働環境を印象付け?終了。

見どころ

・キャラクターや設定の未確定な探りが感じ取れ新鮮(北斗、竜隊長など)

・美川隊員のニューヨーク支部への英語の連絡(いや、もう何でも綺麗って得ですw)

・パーティー会場でのTACの1週間

・パーティーでの北斗、南の決意表明(時代か軍人のような決意宣言)

・南隊員の通信係(いや、可愛いって得ですw)

惜しい!

・市川森一氏のヤプール思想が浸透しきっていない印象

・超獣というワードの使い分け(古代獣との融合であって、古代から超獣はいない)

PVアクセスランキング にほんブログ村
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です