ウルトラ戦士の公表能力値をどう向き合い解釈すべきか

1 0
Spread the love
Read Time:37 Second

おいおい発表しますが、年明け早々鳥にうんこをヒッカケラレ落ち込んだ直後

超イイことがありました!まだ言えませんが1000人の中で4人しか選ばれない

狭き門を突破しました♪

ちなみにコロナ感染ではないです、確率で言うと東京はそのくらいになりますが

全然いいことではないですし、人の何倍も警戒し対策しています。

本題とは反れますが、ただの風邪ではなくその後元の暮らしができなくなる

後遺症に悩まされる可能性が高い解明しきれていない怖いウイルスです。

インフルエンザだって最初はこんな感じだったんでしょう

要は特効薬も治癒させて元どおりにするすべも、現時点では無いから恐れるべき。

公表されているウルトラ戦士のスペック

さて、冒頭だいぶ反れましたが本日はウルトラ戦士の能力について書きたいと思います。

公表されている能力と実際の能力にがあることありますよね?

例えば飛行能力でいうと

初代ウルトラマン、帰ってきたウルトラマン・・・マッハ5

ウルトラセブン、ゾフィー・・・マッハ7

ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ・・・マッハ20

どうしてもエースに詳しい私ですからエースで話しますが

この飛行能力は敵を倒し飛びたっていく時の速さ・・・であろうと思います。

要するに地球人が調査し調べられる範囲内の能力であって本気の能力ではない

可能性が高いわけです。いや、エースは間違いなくそうです。

光の速度を超えた

結果的にヤプールの罠で出たウルトラサインにより裏宇宙であるゴルゴダ星に向かった

我らがエース、裏宇宙に行くには光の速さを超えないと到達できない

TAC隊員の話の中にありました。

要するにエースは光の速さ以上の飛行能力があるんです。

光の速度は300000Kmでマッハ1で1225Kmの計算で言うと

ゴルゴダ星に向かったエースの飛行速度はマッハ88万以上になるわけです。

これを踏まえると公表されているスペックだけで語るのは愚かなこと。

ゴルゴダ到着時のエネルギー消費はほぼ無いように見受けられたため

これがMAXではない可能性もあります。

飛行速度で分かること

飛行速度で分かることは他にもあって、ここは以前「空想科学読本」

マッハで飛ぶと身体がバラバラになる

というナンセンスな事が書かれていましたが、もうそう言う次元の話でないんです。

どのくらいの耐久性で耐えられるのか知識はありませんが

エースはマッハ88万を出せ耐えられる肉体を持っていると単純に理解するほうが

夢もセンスもあるんじゃないかと思います。

ウルトラ戦士の確認範囲内のスペックは所詮人間の科学力の範囲内

常識の範囲内(範囲外もあるが)でしかないということなんです。

そう考えると敵の体の硬さや破壊力も想像でき恐怖すら伝わってくるじゃありませんか。

時空すら超えられるエース

エースの場合過去から現代にタイムスリップ、時空を超えることすら

可能です。。ちょっと辛そうにはしてましたがww

ダイダラホーシが現代と過去を行き来し破壊をしているため

北斗含めTAC隊員がダイダラホーシが過去に行く寸前で

飛行機とともにワープしたのですが、北斗(エース)がいなかったら

どうやって戻ってこようと竜隊長は考えていたのか不明ですが

あれも計り知れぬウルトラ戦士の能力のおかげで現代へ帰還することができました。

地球で限られた時間も??

ウルトラ戦士は地球上で3分しかエネルギーがもたない事は常識ですが

(セブンは不明レオは2分40秒)

初代ウルトラマン、帰ってきたウルトラマン、ゾフィーなどは3分ですが

エースは頭にあるウルトラホール、セブンは胸太陽エネルギーが集まると

いくらでも戦える描写が何回かあります。

3分とはあくまで相手に付き合って倒す平均時間的な解釈ととらえてもいいかもしれません。

ウルトラ戦士って強さは無限大

まだまだ書き足りないですが、あくまで公表値は確認範囲内や

平均値的な指標に過ぎず下振れはないにしろ、大幅な上振れはあるということで

どのくらい強いかなんて誰にも分らない。

人間にはわからないっていうことで、終わりにします♪

PVアクセスランキング にほんブログ村
Happy
Happy
100 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です