南夕子の大物の片鱗は随所に

1 0
Spread the love
Read Time:19 Second

金曜日の特集はウルトラマンエース

前回はウルトラマンZに沸いた内容になりましたが

本日は南夕子について書きたいと思います♪

落ち着きがあってオトナ

初回の看護師からTAC入隊、月へ帰るまで北斗よりも一枚も二枚も

落ち着きがあり大人で”仕事を任せたい”そんな出来る若手という印象だと

竜隊長も思ったのではないでしょうか。

ギャップもまた魅力で、時折見せる笑顔やアリブンタ回で

北斗とショッピングで、はしゃぐ姿はキュンとしてしまいます。

職場にこんな女性がいたら皆可愛がるでしょうね

美川隊員といい南隊員といいTACに入隊したいWW

異変にいち早く気付くのも南

ウルトラサインが出て”ゴルゴダ星に集まれ”のシグナルにも

北斗よりも早く気付く察知力は月星人、宇宙人ということもあるでしょうが

飛びぬけたものがあります。

一方臆病な面や躊躇する一面も垣間見れます。

空が割れバキシムが出てくる際の怖がり方や、アリブンタの罠へのおとりとなる時など

女性らしい面もあります。

アリブンタに関しては死ぬ可能性もあるので、ルナチクスを倒す目的もあったから

躊躇したとも受け取れます。

しかし、ゴラン地球衝突危機の回ではエネルギー消耗で瀕死の状態になり

それでもなおエースにならなければならず、北斗から状態、覚悟を問われた際に

「覚悟はできているわ、地球のために死ねるのなら本望だわ・・・」

このような気持ちも出ています。

地球を故郷でもある月と同じように愛しているからこその言葉と思うと

また見方が変わり胸が熱くなってきます。

敵に狙われることも多い

北斗と南を離せば変身できないという観点から、どちらが狙われることもあり

北斗のほうが多いようにも思いますが、南はかなりヘビーな囚われ方をしています。

オリオン星人によりピラミッド上部へ貼り付けにされたり

ホタルンガの体内に吸い込まれたり・・・

女性でありながら容赦なく狙われるあたり、敵もその能力に気づいていたのでしょう。

ちなみにホタルンガの回では鬼女の面を気合で割るという秘技も披露しています。

また、スフィンクス、オリオン星人の回のミチルという女性が怪しいというのも

真っ先に察知しこれは厳密に北斗が間違えではなかったのですが

高いアンテナ力を見せています。

やはりただ者ではない

このように初めからただ者ではない、大物の片鱗が見て取れる南夕子

大人で落ち着きがある女性でありながらも、北斗にデートに誘ってほしい願望

恋に関して匂わすあたり、とても魅力が多いです。

また是非ウルトラの世界に登場していただきたいと思います!

PVアクセスランキング にほんブログ村
Happy
Happy
100 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です