エースは何故憑依体に北斗と南を選んだのか

1 0
Spread the love
Read Time:35 Second

さて、金曜日は我が青春・ウルトラマンエースを掘り下げて再考していきながら

妄想、仮説をたててサイドストーリーを構築する記事でお送りしております!

今回のテーマはエースは何故北斗と南を憑依先にしたのか です。

人間体への憑依と擬人化

ウルトラ戦士が憑依し地球にとどまるAパターン

自らが人間体に擬人化するBパターンがあります。

Aパターン

初代マン→ハヤタ隊員(最終話で分離しBパターンになる)

帰マン→郷秀樹

エース→北斗と南

タロウ→東光太郎

Bパターン

セブン⇔モロボシダン

レオ⇔おおとりゲン

(初代~レオまでとさせていただきます)

怪獣やその他の影響により亡くなるのは、強く正義感にあふれ勇敢なAパターン主人公。

エースは何故、北斗と南の男女を選んだのか

考えられることとすれば、北斗と南両者強く勇敢だからですが下記のこともできたはず。

・北斗のみに憑依し南夕子に人間としての命を与える

・南のみに憑依し北斗星司に人間としての命を与える

どちらかの選択でも良かったわけです。

ではなぜか・・・

エースは南の素性がわかっていた

死んだ北斗と南の前に現れた、ウルトラ5兄弟。

そこで2人に「銀河連邦の一員たるを示すウルトラリングをお前たちに与える・・・

超能力により2人にリングを与える。

私の仮説では、もうこの時点で南夕子が月星人であることを知っていた。

ウルトラ戦士であれば見抜けてもおかしくはない。

メンタルが強いのがエースの特徴

では何故後々のことが判ってて南夕子も憑依先を選択したのか。

エースというのは普通であれば折れてしまいそうな場面が多々ある。

ブロンズ像にされたり、父が死んだり、兄弟が張り付けにされたり…

地球に隕石が迫ってきている中、超獣、怪獣、宇宙人が現れたり…

異次元や光の速度を超えないと行けないところに侵略者がいたり…

そもそも登場する敵が超獣なのである。。

でもエースはギリギリの状況でも飛び込んでいく。

ウルトラマンエース(A) 全52話BOXセット スチールブック仕様 ブルーレイ【Blu-ray】

価格:4,780円
(2020/10/2 18:02時点)
感想(1件)

メンタルが相当強くなければ放棄したいくらいの連続で

ピンチを超える度、強くなり

むしろメンタルの向上を生きるステータスにしてるのでは?と思う場面が多々ある。

リングを与える前の時点で北斗が若く、未熟であるということにも

気づいていたのではなかろうか?

共闘させること、別れを経験すること、異性という存在

ここに学びを感じたのでは?と妄想すると合点がいく。

成長していく北斗

南夕子は年齢で言うと、1万歳くらいなのかもしれない。

ルナチクスに月を滅ぼされ冥王星に逃れたくだりの際

「私たち月星人は…」と話している。

リアルタイムで経験したにしろ、歴史を伝え聞いたにしろ

地球上の20代とは比べ物にならないくらい経験値が高いことは間違いない。

1話目の北斗隊員はまるで子供の様な無邪気さがあったが

南夕子の存在もあってか言動も表情も締まっていき

そして南と別れた瞬間、完全な男になった。

エースの狙いはここだったのかもしれない。

南の目的、復讐も果たし、北斗も成長させ、地球も守る。

エースも南夕子も改めてすごいよね。

いつか南夕子特集もしますのでお楽しみに!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
100 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です