サザン・桑田さんの曲はメロ・ハッピー、詞・ハッピー?

1 0
Spread the love
Read Time:39 Second

毎日、たくさんのご訪問、ご贔屓ありがとうございます♪

さて、火曜日は火のように燃え続けるサザンオールスターズ特集です。

いまさら、サザン、桑田さんの曲って凄いっていうだけじゃ芸がないので

20数年追いかけ続けた視点で書いていきたいと思います。

桑田さんの曲に対するマインド

ギターやピアノなど楽器をやられている方はわかるかもしれませんが

桑田さんの書く曲はメロディーがメジャー(明るい)、詞も前向き!

こういった組み合わせの曲はあまりありません。

一般的に明るいメロディに前向きな歌詞、暗い曲調にネガティブな歌詞が

日本人には胸にしみやすい、伝統のようなものがあります。

デビュー曲の「勝手にシンドバッド」も曲のキーはEm(マイナー調)

逆にメジャー調になるとバラードに多く、キーがD(メジャー調)で

いとしのエリーTSUNAMI真夏の果実など

にもにも行き過ぎない、これが桑田さんの作る曲の特徴だと思います。

海のYeah!! [ サザンオールスターズ ]

価格:3,064円
(2020/10/13 17:09時点)
感想(119件)

恋愛は夢叶わない??

デビュー当時の破天荒なイメージを「いとしのエリー」で実力派として印象付け

現在までに珠玉のバラードがたくさんあります。

桑田さんの書く、サザン、ソロ含め叶わぬ恋別れがかなり多いことも特徴です。

そもそもバラードってなんだろうと思うのですが・・・

しかしながら、桑田さんもここ10年くらいは希望や前向きなメッセージが増えてきました。

100万年の幸せ幸せのラストダンスアロエなど

「がんばれ!、幸せに~」とか90年代までの尖った桑田さんじゃありえなかった?

気もします。。

ロックのソウルからポップのソウルへ

ギターの大森隆志さんが抜け

涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~」で再始動したあたりから

桑田さんのサザンにける曲のアプローチ、詞の形状がそれまでとは明らかに変わっています。

それ以前というのは2000年の「TSUNAMI」で大ヒットを記録した年であり

注目すべきはその前の年1999年「イエローマン~星の王子様~」を引っ提げ敢行したツアー

セオーノルーハナキテス~素敵な春の逢瀬~」です。

詳しくは別の機会に書きますが、サザン史上ベストライブでベストなロック!

(あくまで個人の感想です・・・)

とにかく、やりたいことをやりまくったライブなんです。

そのライブ後、「TSUNAMI」をターニングに桑田さんの中で心境や方向性が

大きく変わったと思っています。

TOP OF POPS

丸くなってしまったというと寂しいですが、今回書いた記事の内容の

曲調と詞の陰と陽は反比例しバランスをとっていたサザンに加え

現代のサザンはより身近に寄り添ってくれる一面が加わった

いわばTOP OF POPSになったというわけです。

サザンオ-ルスタ-ズ/海のOh,Yeah!!(完全生産限定盤)[デジパック仕様]

価格:3,583円
(2020/10/13 17:10時点)
感想(13件)

昔からのファンには物足りなさを感じる人もいれば

なりたてのファンには知りえないサザン、封印されてしまったリズムが存在していた。

総括しますと、如何様にも時代に対応、先取りする

世界でもまれにみるバンド、サザンオールスターズです。

次回もお楽しみに!

PVアクセスランキング にほんブログ村

Happy
Happy
100 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です